ビル

賃貸物件の探し方

賃貸物件を探したことはありますか。
これから探すという方、以前探したことがあるという方へ、少しでもお役に立てることをお伝えしたいと思います。
近年、ポータルサイトが流行し賃貸物件を探すにあたって事前にインターネットで下調べをしてくる方が多い時代です。
不動産屋にはなんとなーく、入りにくいイメージがあると思いますが、
下調べせずに不動産屋で直接物件を探してもらうデメリットとメリットをここではお伝えします。

まず、デメリットですが、賃貸業での収入は仲介手数料のみです。繁忙期ならともかく、閑散期は一体どこで稼ぐのか。賃貸業でデカイ収入源となるのは、広告料です。広告料とは、大元の募集会社から、客付した業者に支払われるものです。簡単に言えば、うちの物件をお客さんに紹介してくれてありがとうねと言った、謝礼金のようなもの。不動産屋によっては、この広告料が出ない物件は一切紹介しない不動産屋があります。なぜなら、仲介手数料だけでは食っていけないからです。広告料が一ヶ月ついていれば、一件仲介しただけで、倍儲かるのです。
そのため、あなたがポータルサイトで探した物件を来店した不動産屋に空いてるか尋ねた場合、広告料が出ない物件であればもう満室になってしまったと言われる場合があります。
ちなみに、この広告料は単に募集業者がいち早く満室にしたいからお金をかけて募集している場合もありますし、契約の際に支払う礼金が仲介業者へ支払われる広告料である場合があります。そのような場合は、礼金をゼロで紹介することも可能です。

反対にメリットですが、直接不動産屋に来店することでリアルタイムな物件の空き状況がわかることです。
地元に根強い業者であれば、インターネットには載せていない物件を持っている場合もあります。
繁忙期の時は、ポータルサイトの空き状況を正しく更新出来ない不動産屋がほとんどなので、来店した方が手っ取り早いです。

この記事をご覧いただいて、少しでも賃貸契約していただく際にお得に賢く契約出来ますよおに。

RECENT NEWS

賃貸物件の探し方

賃貸物件を探したことはありますか。 これから探すという方、以前探したことがあるという方へ、少しでもお役に立てることをお伝えしたいと思います。 近年、ポータルサイトが流行し賃貸物件を探すにあたって事前にインターネットで下調べをしてくる方が多…

もっと読む

住環境

賃貸マンションよりも分譲マンションの方が、住環境に気を付けないといけません。マンションの環境について、下見をしたり、住人がどのような人が多いのか、礼儀正しいのかなどは、住む前に、実際に足を運んだり、ちょっと何かを聞いてみるなどしてみると、雰囲気が分かりま…

もっと読む